ビジネス > 会計

イメージで理解しよう!本質を理解したい人のための、初学者向け簿記講座

仕訳をする前に学んでおきたい簿記の考え方を、分かりやすく解説していきます。
Write your awesome label here.

学習内容

  • 仕訳をする前に身に付けておきたい基本的な考え方を学ぶことができます
  • 貸借対照表と損益計算書の関係を理解することができます
  • 貸借対照表がなぜバランスするのかを理解することができます
  • 具体的な仕訳を通じて、簿記のイメージを理解することができます
  • そもそも簿記が何なのか、その目的を理解することができます
  • これから簿記を学ぶにあたり、何を学習していくのかを理解できるようになります

講義内容

会計の知識は、ビジネスマンが必ず身に付けておきたい必須スキルの一つです。

そして、会計を学ぶ際にうってつけなのが、簿記を学ぶこと。

しかし、簿記の教科書を見ても仕訳が繰り返されるだけで、「なぜそうなるのか」という点についてしっかりと説明された本はあまりないのが現状です。

このような現状を踏まえ、簿記を学ぶ前に身に付けておきたい基本的な考え方についてまとめた講義を作成しました。

大手総合商社で会計を使い倒してきたからこそ可能な、現場での知見を踏まえた解説をぜひとも聞いてみてください。

本講義を聞いたあとに簿記を学ぶと、理解の度合いが大きく異なることをお約束致します。

コースの内容(プレビューで講義内容をご確認下さい)

なぜ簿記が必要なのか

簿記の目的

  • 簿記の目的
02:25

企業の状態を表現する方法

  • 企業の状態を表現する方法
04:34

企業の状態を、簿記の用語を使って表現する

  • 企業の状態を、簿記の用語を使って表現する
04:39

貸借対照表のイメージ

  • 貸借対照表のイメージ
03:08

勘定科目の必要性

  • 勘定科目の必要性
05:18

貸借対照表の限界

  • 貸借対照表の限界
03:29

貸借対照表と損益計算書の違い

  • 貸借対照表と損益計算書の違い
05:39

貸借対照表と損益計算書の関係

  • 貸借対照表と損益計算書の関係
07:09

簿記の目的

  • 簿記の目的
01:54

講師

大橋 亮太
株式会社CODOR代表取締役、中小企業庁認定専門家
経歴
早稲田大学大学院理工学研究科終了後、三井物産株式会社に入社。船舶の仲介や本部の事業計画の策定に携わる。2015年に株式会社CODORを設立。TOEIC935点、FP技能士、中小企業認定専門家、ホームインスペクター、宅地建物取引士。静岡県三島市出身

ごあいさつ
私たちが生きている間に会計の知識が不要になることは恐らくないでしょう。全てのビジネスパーソンが身に付けておくべきスキル、それが会計です。本講義では、三井物産という現場で叩き込まれた会計の考え方を徹底的に噛み砕いて分かりやすく説明しています。簿記を学ぶ前に是非とも本講義を活用してみて下さい。

受講生からの感想

なぜという部分についてしっかりと説明されているので、頭にすっと入ってきた。

特にはじめの何=誰というアプローチが分かりやすかった。
簿記3級を挫折したのですが、この講義を聞いてもう一度勉強を頑張ってみようと思った。

もっと早くこの講義を聞いておけばよかった。

受講はこちらから

イメージで理解する簿記講座は、こちらから受講できます
Created with